07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

さくオケのオフ会ですよ。前編。

2012/11/04
炯さんが北海道から大阪に来るってんで決まったオフ会。
オースリさん、炯さん、TENさん、トールさん、モコさん、ちゃりんの6名。
都合が合わなかったりで参加出来ない方が居たのは残念なとこでしたが、きっとオースリさんが忘年会オフでもやってくれるでしょう。うんそうでしょう。

関西では初になるさくオケオフ会でワクワクが止まらない状況だったのと同時に、重度の人見知りなので初めましての人ばかりという恐怖が入り混ざる複雑な心境。
んまぁ、それ以前に何かやらかさないか、そこが一番心配でした(;´Д`)



梅田に来るのが5年ぶりくらいなのに見慣れない物が多く随分と変わってた。それに相変わらずの人、人、人。人酔いする人なので、人口密度の高いところはどうにもこうにも苦手でして。京都の隅っこでのほほんと生きてる人にとって、大阪はやっぱり人が多すぎだ。

待ち合わせは大阪ステーションシティの金の時計前。
off01.jpg

あ、普通に行けました。そこまで迷いません。
期待していた人なんかごめんなさい。
あとから参加のモコさんを除く5名はアクシデントもなく無事合流し大阪城へ。
その途中でてんさんからコレを頂きました。
off08.jpg

言わずとも分かりますね。
お菓子セットじゃまいくわっ。



off07.jpg

スゲーとしか言いようがないね〜。凄いよほんと。
もったいなくて食えんw
でも早く食べてって話だから食べないとだ。



off05.jpg

大阪城ホールには何度か来てるんだけど大阪城には初めて。
戦国時代好きなくせに来てないとかダメすぎるよね。
オリジナルは大阪の陣で落城する際に燃えちゃったので拝めないけど、どんなのだったのかな?天守から見える光景はどんなのだったのかな?って妄想するのも楽しいです。大阪城落城時に京都から大阪の空が真っ赤に染まる様子が見えたそうです。ほんまかいな。



内部は歴史資料館な感じで、純粋にお城を楽しめると思ってたでちょっとしょんぼり。
っていうか、中に入るまでの道のりが意外に長いよw 夏場だったら死ねる。
off06.jpg

試着体験コーナーがありまして、乗り気じゃなかった女性陣を巻き込み撮影タイムです。
秀吉や真田幸村の兜があるなか、ボクがチョイスしたのは後藤基次。なんというマイナー武将。でも好きな武将なんです。
off04.jpg

自分たちのを晒すわけにもいかないので、次に待機していた外人さんをw
秀吉の出で立ちですね。
秀吉が150cmと低身長なのを知ってると、でっけー外人さんがこれを被るとすっごい違和感。息子の秀頼は身長2m、体重160kgの巨漢。



撮影が終わり大坂の陣の資料など興味津々なのが多々あってジックリと眺めていたわけですよ。
そしたらですね、






みんな居らへんw






参った。
放置プレイもいいとこだよね。
これ迷子じゃなくて罠じゃないか。ドッキリじゃないか。
迷子になった子供が泣きながら母親と再会をしている感動的なシーンを目撃しながら






泣いてました 。・゚・(ノД`)・゚・。




すでに上の階に行ってたらしく、無事に合流できまして安心なわけです。
平静を装ってましたけど、心の中は
off03.jpg

こんな感じでしたw
鬼や。あんさんら鬼や。



後半へ続く。


 
関連記事
19:07 日常をグダグダと | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
>るきさん
もやしに兜を被せた感じがボクみたいなもんだよ。
今度はどこで迷子ってね、今回のは迷子じゃなくて罠なんだよ。
大阪城以降ずっとみんなの後ろを歩いてたんだからw
>てんさん
2週目ってことに気づいたのは2周半目だったかな。
って違うし。見守ってないし 。・゚・(ノД`)・゚・。
>ダイちゃん
なんだかんだでそんなに食べてなかったりw
かぶと姿でたこ焼きに食らいつくワイルドちゃりんver.をみせてくれてもいいんだよ?後半がたのしみだなぁ。今度はどこで迷子になるのかなぁ(´∀`)
登り階段の前でふと順路見たら2周目入っていくちゃりんさんが見えたので、後姿を4人で見守ってました(●´艸`)
迷子になったというより、皆でちゃりんさんを「迷子にした」って方が正しかったかもしれません…w
迷子迷子~ヾ(`ε´)ノ
俺も大阪で食い倒れてみたい(´;ω;`)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。